オールインワンと併用するコツ|夜の保湿に化粧水をプラスする時



オールインワンを使うときは、朝はそれほど厚塗りする必要はありませんが、夜はたっぷり塗った方が、朝起きたときにうるおい効果を実感することができます。

特に乾燥肌の方の場合は、うるおいが足りない部分には念入りにオールインワンをつけておくと、夜眠っているあいだにケアすることができて、しわやシミ、たるみなどの肌トラブルを防ぐ手助けとなるでしょう。

肌の乾きが気になる個所には、夜にオールインワンを二度塗りするのも効果がありますし、保湿化粧水を併用するのもポイントです。化粧水を先につけ、その上からオールインワンを閉じ込めるようにつければ、成分がじっくり浸透しやすくなります。乾燥を防ぐためには、できるだけ美容成分が豊富な化粧水を選んで使うようにしてください。

オールインワンにはさまざまな美容成分が入っており、これ一本で化粧水や乳液、美容液などの効果があるので、朝も夜もこれさえ使っておけばいいと思っている人も少なくありません。しかし女性の美肌に役立つ、すべての成分が含まれているわけではないので、足りないものがあれば、別の化粧品で補う必要があります。

たとえば、しみ対策用のビタミンC誘導体が入っている化粧水も、夜に使いたいと思っているなら、まずはそれを肌につけてから、オールインワンを重ねてつけるようにしてください。

化粧水とオールインワンのどちらを先につけたらいいかと、悩む方もありますが、基本的にはサラッとしたものからつけるのが良いので、夜に使うときは、化粧水が先になります。化粧水をつけ、次に美容液、最後はオールインワンという順番につけるのがベストですし、乳液やクリームを使いたい場合は、オールインワンをつけた後に使うのがいいでしょう。

夜はそのような順番でスキンケアを行えば、朝起きると、うるおいたっぷりのしっとりとした肌になっているはずです。