梅雨の昼に使用する場合|オールインワンの季節に合った使い方とは



オールインワンで朝のケアをしても、梅雨の時期の素肌は、昼の時間帯もいつもより、乾燥レベルは低めです。季節的にも全体がウェットな状態が強めになっていますから、肌もそれに順応して、いつもよりは乾燥も少なめです。しかし梅雨の時期でも、昼に全く乾燥しないわけではないため、オールインワンは手放せません。

室内などは、空調の関係もあったりで、やはり乾燥はしやすい状況です。日中にも、メイク直しは必要ですし、保湿もしてあげましょう。ただし、梅雨の時期の昼は、全体的に湿りもあるので、オールインワンの使い方はいつもと少し違います。肌が乾燥を感じた時に、薄く塗ることで、いつもよりも満足な肌状態へと導いてくれることになります。

梅雨のシーズンになると、昼のお肌の水分調整も、いつもの時期とは異なってきます。

朝はオールインワンで、お手軽なケアをしたとしても、日中には、心なしか他の時期よりも、肌には潤いが残っています。だからと言って、お手入れなしだと乾燥します。梅雨の時期は、昼の時間帯にオールインワンでのお手入れをするのであれば、使用する量を調整するなど、調整をするとよいでしょう。いつものように、たっぷりと肌につけなくても大丈夫です。

梅雨の時期のオールインワンですが、昼の時間帯に肌に乾燥を感じたら、お化粧をしている上から、ほんのり薄く塗るとよいでしょう。塗るときには、清潔な手で、肌に塗布していきましょう。梅雨のシーズンは、全体的にウェットな時期ですから、肌への保湿にも調整が必要になります。昼の時間帯のオールインワンは、薄化粧のように薄く塗るのが基本です。もっとたっぷりと塗りたいと思うかもしれませんが、湿気の状態も考えながらがよいでしょう。