オールインワンゲルのセラミドの役割って?

セラミドと言えば、ヒアルロン酸と並んで有名な保湿成分。原料価格が高いため、かつては高級美容液ぐらいでしか使用されていませんでしたが、最近では手頃な価格のオールインワンゲルでもセラミド配合製品が出回るようになってきました。セラミドはコラーゲンなどと同様、もともと体内に存在する成分ですが、なぜこれを化粧品で補う必要があるのでしょうか?お肌の美しさを維持するために必要不可欠なセラミドの未必にせまってみましょう。

セラミドってどんな成分?

セラミドってどんな成分?

セラミドとはもとも体内に存在する成分で、肌の角質層で細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱え込んでいる役割を担っています。特に、肌や髪のうるおいには欠かせない働きをしているのが特徴!肌の角質層は、細胞が何層にも重なってできているのですが、セラミドはそうした細胞の中にある “細胞間脂質”という物質の50%を占める主成分で、お肌のバランスにとって重要な水分や油分を蓄える働きをしているのです。つまり、お肌の潤いを保つ貯蔵庫のような重要な働きをしているというわけですね。
しかし、セラミドも他の成分と同じように、加齢などによって体内から徐々に失われていきます。セラミドが減少してしまったお肌はうるおいを失い、肌が乾燥しやすくなるため、シワやたるみが目立ちやすくなるんです。
特に、アトピー性皮膚炎や乾燥肌の方は、もともと皮膚にセラミドが少ない体質なので、生まれつきお肌のバリア機能が弱め。肌内部から水分が失われやすいため、お肌がカサカサの状態になってしまうのです。だからこそ、お化粧品でしっかり補ってあげる必要があるという事わけなんですね。

セラミドオールインワンゲルはどう使用するべき?

保湿成分として大切な役割を担っているセラミドは、多くのオールインワンゲルに配合されています。敏感肌や乾燥肌にはもともとセラミドの存在が少ないことがわかっていますが、そのような方にもセラミド配合の化粧品は人気!どう使用するのがおすすめなのでしょうか?

POINT1

カサカサの砂漠肌は重ねづけがおすすめ

お肌がカサカサになりがちなときには、セラミド配合オールインワンゲルを重ねづけするのがおすすめ。
セラミドは、お肌の天然のバリア機能で、お肌に存在することで水分がたっぷりと含まれたみずみずしいお肌が保たれます。そのため、角質層までしっかりとセラミドを行きわたらせることでセラミドがバリアとなって肌内部からの水分の蒸発を防いでくれ、お肌のうるおいもキープできるのです。

POINT2

その他の保湿成分との相乗効果も狙うべし!

セラミド配合オールインワンゲルを使用する際には、保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンを一緒に摂るようにしましょう。
セラミドは、コラーゲンをサポートするのが特徴。セラミドをたっぷりと継続して使用することで、お肌の保持機能もアップしコラーゲンを安定化させることもできます。セラミドにはお肌の美白作用なども確認されているので、美白効果と保湿の相乗効果でより美しいお肌が期待できます。

POINT3

ここぞという時の頼りになる助っ人

セラミドたっぷりのオールインワンゲルは、肌荒れしがちな季節の変わり目などに、ピンポイントで使ってみるのもおすすめ。
前述した通り、セラミドはお肌のバリア機能となり保湿をしてくれる役割を担います。それだけでなく、外部からの刺激を和らげてくれるため、お肌が敏感になりがちな時期にも良い働きぶりを発揮してくれるはず!保湿&バリアで、肌荒れの時期には欠かせないアイテムになりそうですね。

なぜオールインワンゲルにセラミドがあった方がいいのか?

成分イメージ

角質層にある細胞間資質の約50%を占めているのが、セラミドです。セラミドには水分を閉じ込める力があり、肌にバリア機能をつくって水分蒸発や外部からの刺激を防ぐ役割を果たします。セラミドがお肌から減少すると水分も逃げやすく、外部からの刺激も受けやすくなるため、健康なお肌を保つためにはセラミドがしっかりと存在しているということが絶対条件。そのため、乾燥しがちなお肌や荒れがちなお肌にはたっぷりとセラミドを補給してあげる必要があるのです。オールインワンゲルで、角質層をセラミドで満たしてあげましょう。

おすすめのセラミド入りオールインワンゲル

  • メディプラスゲル
  • トリニティーラインジェルクリーム
  • アクアコラーゲンエンリッチ
  • アクアコラーゲンスーパーモイスチャー
  • モイストゲルプラス
  • フィトリフト
  • バランシングゲル