オールインワンゲルのコラーゲンの働きとは?

美肌作りには欠かせない成分が、コラーゲン。化粧品だけじゃなく、サプリなどの健康食品などでもよく目にしますよね。
保湿効果もある弾力成分なので、コラーゲンはオールインワンゲルには絶対に欠かせない成分だといっても過言ではありません。この成分の効果を100%発揮させるためにも、コラーゲンの特徴を知った上で同成分入りオールインワンゲルの有効活用法を学びましょう!

コラーゲンの特徴とは?

コラーゲンの特徴とは?

コラーゲンはもともと体内に存在するたんぱく質の一種で、アミノ酸が結合してできたもの。体内のたんぱく質の、なんと3分の1がコラーゲンでできています。これだけたくさん体内に存在している成分ですから、私たちの身体にどれだけ大切な成分かということがわかりますよね。
肌、内臓、筋肉、骨、関節、目、髪など身体のあらゆるところに、細胞と細胞のすきまを埋めるかたちで繊維状に存在しています。物質と物質が単体で存在するとぶつかりあってしまいますが、コラーゲンという柔軟性のある物質がそのすきまに存在することで、弾力が生まれるのです。
特にお肌にはとても重要な成分で、なんとお肌の70%がコラーゲンで構成されているというから驚きです!
シワのない肌を維持するための“真皮”を構成している主な成分がコラーゲンで、コラーゲンが減少してしまうと肌のたるみやシワの原因に。残念ながら、年々体内のコラーゲンは減少していき、20代までが最も多く、40代になるとコラーゲン量は半分以下になるといわれています。

コラーゲン入り化粧品の使い方

コラーゲンは、お肌のハリや弾力を維持するためには必要不可欠な成分ですから、たくさんの化粧品に配合されています。もちろんオールインワンゲルもコラーゲン配合製品ばかり。では、どのような使い方をするとより効果的なのでしょう?

POINT1

コラーゲン入りオールインワンはパックがおすすめ

最近シワやたるみが目立ってきた、という方はコラーゲン入りのオールインワンゲルで1週間に1度はパックをしてあげましょう。
コラーゲンはお肌の深層(真皮)にある繊維状の物質で、ちょうど支柱のようにお肌を下から支える機能があります。また、非常に親水性が高く、水分を引き寄せて蓄える性質があるため、積極的に取り入れることでエイジングケア効果が期待できます。オールインワンゲルを普段の倍程度手のとり、やさしく両手で包みこむようにしてお肌にのせます。倍使うだけで、潤いがだいぶ違いますよ。

POINT2

ハリ回復より保湿向けで活用するのがベスト!?

コラーゲン入りのオールインワンゲルは、内側にハリを与えるために使用するというよりも、保湿のために使用するといいでしょう。
保湿成分として有名なグリセリンは、まわりの水分を捕まえることで保湿するので、湿度の高い夏はベタつくのに冬は乾燥しがち。その点、コラーゲンは肌表面に高分子の膜を張って化粧品の水分が蒸発するのを防いでくれます。蒸発を防ぐという保湿の仕方なので、夏でも冬でも、心地良い使用感が期待できます。

POINT3

ヒーティングでコラーゲンの効果倍増!

コラーゲンを効果的に浸透させるために、使用前にお肌を温めてみましょう。化粧品は、どんなに良い有効成分を配合していても、実は角質層までしか浸透しないというのがコスメ業界の常識。でも、実は裏技もあるんです。それが、蒸しタオルなどでお肌を温めるヒーティングというテク。角質層以下に有効成分を届けたい場合は、お肌を温めてからゲルを塗ると角質層がふやけ、有効成分が一時的に吸収されやすくなるんです。お家でも簡単にできますので、ぜひお試しあれ!

なぜコラーゲンがあった方がいいのか?

成分イメージ

化粧品としてのコラーゲンは、主に保湿の役割を担います。
化粧水やゲルなどの有効成分は、角質層以下にはほぼ浸透しないためあらゆる新技術がたくさん発表されていますが、新技術に頼るよりも、コラーゲンの“保湿力”を選ぶ時の基準にするのがコツ!
コラーゲンはさっぱりとした使用感でしっかり保湿してくれるから優秀。べたつきもなく、乾燥知らずで敏感なお肌もしっかりと保湿してくれます。
コラーゲンはお肌や体内の弾力成分ではありますが、「肌に浸透して弾力をつくる」といったような誇大広告には注意してくださいね!

おすすめのコラーゲン入りオールインワン化粧品

  • メディプラスゲル
  • オルビスライブリッチ
  • コラリッチ
  • トリニティーラインジェルクリーム
  • アクアコラーゲンゲルエンリッチ
  • アクアコラーゲンゲルスーパーモイスチャー
  • アクアレーベルジェルクリーム
  • エバメールゲルクリーム