コスメに含まれるヒアルロン酸の役割

カサカサに乾燥した砂漠肌に潤いをもたらすヒアルロン酸。コスメに含まれる保湿成分としては、コラーゲンやセラミドに並ぶ超有名な成分ですね。
サプリなどの健康食品に含まれている成分としてよく見かけますし、オールインワンゲルにもぜひ積極的に配合してほしい成分。オールインワンコスメと言えば、お手頃価格がウリですが、果たしてヒアルロン酸を豊富に含むおすすめ製品はあるんでしょうか?ヒアルロン酸の持つ美肌効果とあわせて詳しくみていきましょう。

保湿成分・ヒアルロン酸の特徴

保湿成分・ヒアルロン酸の特徴

ヒアルロン酸は、コラーゲンやセラミドと同じように、もともと私たちの身体に存在している成分です。身体のあちこちに存在しているぬるぬるとした粘性の液体で、ムコ多糖類の一種。主に皮膚、軟骨、目、脳、関節液などに多く含まれています。このヒアルロン酸の一番の特徴は、1g当たり6リットルの水分を保持できるという驚異的な保水力!このパワーによって、まさに皮膚の貯水タンクとなって潤いをキープしてくれるというわけです。真皮に存在するヒアルロン酸は年齢と共に減少していき、お肌のツヤやうるおいも徐々に失われていってしまうので、是非ともコスメで直接お肌に擦りこみたいところ。
ヒアルロン酸が日本国内で使用されたのは1987年と新しく、当初は変形性膝関節症の治療薬に使われていた高価な物質で、超高級化粧品にしか配合されていませんでしたが、今ではお手頃なオールインワンコスメでもヒアルロン酸配合製品は増えています。医薬品に使用されているほどのパワーを秘めた成分を、お手頃価格のコスメで手軽に摂れるんですから、是非とも普段使いのコスメに加えていきたいところですね。

ヒアルロン酸コスメの使い方は?

ヒアルロン酸が配合されているオールインワンゲルも多いですよね。保水力が高い成分なので、その効果には期待できそう!でも、どんな方にヒアルロン酸コスメはより効果的なのでしょうか?ヒアルロン酸に秘められたパワーを発揮してくれるような、3つの使い方ポイントを見てみましょう。

POINT1

日中のお化粧直しに活用してみて!

朝晩のケアにも最適ですが、ヒアルロン酸配合のオールインワンコスメはオフィスでのメイク直しに使用してあげると便利。
ヒアルロン酸の一番の特徴は、1g当たり6リットルの水分を保持できるという驚異的な保水力にありますが、そのみずみずしい使用感にびっくりするかも。たっぷりの保水力で乾燥肌をうるおしてくれるだけでなく、他の保湿成分と比べると温度や湿度などの外部からの影響を受けにくいため、エアコンがきつい時期などには特に積極的に使用するといいでしょう。

POINT2

コラーゲンとの併用で効果的にエイジングケア!

ヒアルロン酸配合コスメは、コラーゲンと一緒に使用すると相乗効果が期待できます!
コラーゲンとヒアルロン酸は深い関係にあり、真皮に存在するヒアルロン酸をコラーゲンが囲い込むことで弾力や潤いが生まれるため、ヒアルロン酸が高い弾力や保湿力を発揮するためにはコラーゲンが肌に存在しているのが絶対条件なのです。
また、どちらも年々失われていく成分なので、年代が上になるほど足りなくなるコラーゲンとヒアルロン酸を一緒に摂るというのは、エイジングケアの要といってもいいでしょう。

POINT3

化粧下地にも積極的に活用して♪

ヒアルロン酸がたっぷりと含まれたオールインワンゲルは、洗顔後のスキンケアとしてだけでなく、化粧下地にも最適。うるおいたっぷりの使用感と水分を閉じ込めるそのパワーでお肌をなめらかに整えてくれますから、化粧ノリもよくなります♪
忙しい朝だけはヒアルロン酸入りのオールインワンゲルでスキンケアをする、という使い方も良いですね。

ヒアルロン酸入りオールインワンゲルはココがポイント!

成分イメージ

コラーゲンやセラミドも同様ですが、やはりその高い保湿力はオールインワンゲルには欠かせません!
特に、複数の保湿成分は相乗効果を生じるのですが、中でもヒアルロン酸は重要!コラーゲンとの結びつきで、お肌のうるおいや弾力をよみがえらせるのに一役買います。また、環境の変化に左右されない保湿力で、乾燥しがちなお肌や、混合肌など、肌質を選ばないのも特徴です。

おすすめのヒアルロン酸入りオールインワンゲル

  • メディプラスゲル
  • コラリッチ
  • トリニティーラインジェルクリーム
  • アクアコラーゲンゲルエンリッチ
  • アクアコラーゲンゲルスーパーモイスチャー
  • ラフィネパーフェクトワン
  • プラセンタリフトクリーム
  • エバメールクリーム