その洗顔正しいですか?肌を傷めない洗顔が美肌への近道



きれいな肌になりたい、美肌の芸能人に憧れる、こんな女性は多いのではないでしょうか。しかし、きれいな肌を持っている人はそれなりに努力をしているか、無意識に習慣になっているのです。生まれ持った肌質も多少関係はありますが、ほとんどの場合はお手入れや生活習慣に肌の差が現れているのです。

美肌にとって大切なのは洗顔やスキンケア、バランスの良い食生活や生活習慣の改善などが挙げられます。内側から作られる肌にとって、食事など毎日の積み重ねが大切なのです。また、ストレスをため込まないことや紫外線をできるだけカットすることにも気をつけます。

そしてもう大切なのは一つは洗顔です。一昔前まではW洗顔としてクレンジング後にもう一度洗ったり、朝もしっかり顔を洗うことが大切だと言われてきましたが、最近では洗い過ぎは良くないと言われています。汚れはしっかりと落とす必要がありますが、肌にとって大切な皮脂を取り過ぎたり、ゴシゴシ洗って傷をつけないよう気をつけなければなりません。

逆にいえば、正しい洗顔を行うことが美肌への近道なのです。

毎日行う洗顔を誤った方法で行っていると乾燥したり、ニキビやシワなどの原因となります。まず大切なのは洗顔料をしっかりと泡立てることです。泡立てにくい場合は市販の泡立てネットなどを使用し、モコモコになるまで泡立てます。そしてその泡で顔を包み込むように優しく洗います。

この時、力を入れないように優しく行うことで肌を傷つけず、汚れを落とすことができます。熱いお湯を使うと皮脂が奪われてしまうため、ぬるめのお湯でしっかりとすすぎます。そしてふき取る時もこすらず、タオルで顔を抑えるように優しく拭き取るようにします。大切なのは肌を優しく丁寧に扱うことです。毎日正しい方法で洗顔をすることで少しずつ肌が変わっていき、美肌を作ることができるのです。