美肌はお風呂で作られる!HSP入浴法



美しい肌づくりをするためには、毎日のお風呂などの入り方なども工夫する必要があります。美肌を作ることに効果がある入浴法として最近話題になっているのがHSP入浴法というお風呂の入り方です。HSP入浴法のHSPはヒートショックプロテインという意味を持ちます。

ヒートショックプロテインとは体内のタンパク質を修復する能力があるタンパク質のことです。このHSPは若い人の身体に多く含まれているので、若い人は美しい肌を保つことができます。年をとるごとに人間はこのHSPが体内から減少していくことで、肌も老化しやすくなってしまいます。

ですからHSPを体内でできるだけ増やすことが、美肌のために欠かせないことになります。HSPを自宅でも気軽に増やすことができる方法がお風呂に入ることです。HSPは身体を温かくすることで増やすことができます。普通に入浴するよりもより多くのHSPを増やすことができるように開発されたのがHSP入浴法です。

HSP入浴法を具体的に実践する方法は以下の通りです。この方法による入浴が普通の入浴と大きく異なるのは、高めの温度のお湯に入るということです。40度程度の熱さのお湯に普通のお風呂と同様につかります。お風呂のお湯が熱めだと、どうしてもすぐ我慢できずにすぐ出たくなりますが、ある程度の時間、熱めのお湯につかり続けることがこの入浴法の効果を増幅させるポイントになります。

40度程度のお湯ならば、およそ15分から20分程度つかれば効果も上がります。この入浴法の効果をさらに上げるには、お湯から出た後の過ごし方も重要になります。できるだけ長い時間お風呂で温めた体を冷めさせないように保温性の高い服を着て保温をすれば、美肌作りの効果もさらに上がります。