ヘルシーなだけじゃない!こんにゃくでプルプル美肌に



こんにゃくはヘルシーな食品として、以前からよく取り上げられていますね。また、最近は美肌にもいいとされています。ヘルシーと言われるゆえんはどこにあるのでしょうか?こんにゃくはもともと、コンニャクイモというサトイモ科の植物から製造される食品です。

そのイモに含まれている、コンニャクマンナンという成分に水酸化カルシウムを足して凝固させたもので、強い弾力があります。これが食物繊維がとても豊富で、一方カロリーも非常に低いということで、たくさん食べても太らず、お通じにもいい、ということでダイエットに励む人に支持されてきたわけですね。

ただし、美肌にいい、というのはもっと別の点にあります。セラミドという名前を聞いたことがあるかもしれません。肌の保護や保湿のために欠かせない成分で、これをアピールポイントにしている化粧品も数多くあるほど、人の肌にとって大切なものです。そのセラミドは、コンニャクに非常に多く含まれており、米の10倍とも15倍とも言われるほどです。

美肌を目指したい方は、こんにゃくを積極的に摂取しましょう。と言ってもその種類は様々です。ただし、この中で特に肌への影響がいいもの、有効成分であるセラミドが最も多く含まれているものは、生芋こんにゃくという種類になります。これは、コンニャクイモからコンニャクマンナンを取り出す過程で、その芋をまるごとすりつぶしてつくることによって、無駄無くセラミドが摂取できるというわけです。

一方で、こんにゃくの過剰摂取には注意しなければなりません。多く食べ過ぎると、腸閉塞(食したものが腸に詰まった状態)になる恐れがあるとして指摘されています。どんなにたくさん食べたとしても一日1kgまでにしておきましょう。正しく摂取して、ぷるぷる美肌を目指しましょう!