根菜をたっぷり食べて美肌&冷え予防



にんじん、かぶ、れんこん、しょうがなどの根菜は、体を温めて冷えを予防する効果があります。根菜は葉野菜や果菜と比べて水分が少なく、美肌に優しいビタミンC、Eや食物繊維、むくみを防止するミネラルが多く含まれているのが特徴です。また、根菜には発汗作用や利尿作用があり、ダイエットにも嬉しい代謝を上げる効果もあります。

しょうがやたまねぎ、かぶは体を温める効果があり、ごぼうと切り干し大根には食物繊維が多く含まれています。大根とかぶはカロリーが低くダイエットに嬉しい食材です。食べ過ぎてもカロリーオーバーの心配がないので上手く献立に取り入れましょう。

にんじんとかぼちゃにはβカロチンが多く含まれています。βカロチンは体内でビタミンAに変換され、皮膚や鼻、のどなどの粘膜を正常に保つ働きをします。免疫を高める効果もあるので、美肌はもちろん風邪の予防にも効果があります。根菜をしっかり食べて、冷えを予防し、美肌に磨きをかけましょう。

根菜は固いので、スープや煮込み料理など温かい料理にするといいでしょう。茹でるより蒸した方が、栄養分が逃げずに調理することができます。美肌の為にもしっかり栄養を取りましょう。胃の調子が悪い時には、消化を助ける働きのあるさつまいもやかぶを、目が疲れ気味の時はβカロテンが豊富なにんじんを摂るなど、体調に合わせて野菜の量や種類を選ぶことも大切です。

しかし、根菜には糖質が多いので、摂り過ぎには注意が必要です。大根は水分が多く、生のまま食べると体を冷やしてしまいますが、加熱して調理することで体を温める効果が生まれます。ビタミンAなど摂り過ぎが害になってしまう栄養素もあります。栄養が偏らない様に、色々な種類の野菜を組み合わせて摂りましょう。