抗糖化のススメ!美肌のカギは低GI食品



美肌を保ちたいと考えた時に、意識しておきたいのが、抗糖化です。糖化とは、糖分の摂り過ぎや、運動不足などによって、血液中に余分な糖分が留まり続けた場合に起きる現象です。体外に排出されず、血液内に留まった糖分は、体内にあるコラーゲンやエラスチンといったタンパク質と結びついていきます。

糖分と結びついたタンパク質は、本来の性質を失っていくだけでなく、硬くて脆い状態へと変わっていきます。肌の真皮の中で、網状になって表皮を支えているコラーゲンが糖化をすれば、肌はハリと弾力を失い、どんどんと衰えていく事になります。ですから、いつまでも綺麗な肌でいたい、若々しい肌でいたいと考えた場合、糖化を抑える抗糖化を意識する事がおすすめです。

美肌を保ちたいと考えた場合、血糖値が上がりにくい野菜やきのこといった低GI食品を中心に食べる事を心がける、砂糖や炭水化物といった高GI食品を食べる際には低GI食品を組み合わせる事が有効となります。

美肌を守る為に、抗糖化を意識した場合、日常の食生活を見直す事が有効です。その際に意識したいのが、血糖値の影響です。砂糖やパン、白米など、炭水化物が多い食品は高GI食品に分類され、食べると一気に血糖値を上げる事になります。それに対して、野菜やきのこ、大豆や果物は低GI食品に分類され、食べても血糖値の上昇が緩やかなのが特徴です。

低GI食品を中心の食事をする他、高GI食品を食べる際は低GI食品を食べる事も有効で、パスタなど炭水化物がメインの食事をする際は、付け合せにサラダを選ぶようにする、これだけでも糖化を予防する事へと繋がっていきます。更に、美肌を意識する場合、飲み物やデザートの糖分も抑えるようにすると良いでしょう。