オススメ時短術!時短朝メイク術アイメイク編

アイメイクは顔全体の中でも最も大きな印象を与えるところですので、時短術でもキレイに見えて時間の掛からない工夫が必要になります。苦手な作業はできるだけ省く工夫をして、使用するメイク商品や道具などを極力減らすとかなりの時短術効果があります。

アイメイクの具体的な方法としては、ベースに明るい色をアイホールに乗せて全体に指を使ってぼかすとナチュラルな陰影がすぐにできます。そして上まぶたのきわに太めのラインを引いて指や綿棒などでぼかすという2つの作業だけで、キレイなアイメイクが完成します。

ビューラーはまつげの根元でしっかり挟み、中間部、毛先とピンポイントで挟むとすぐにくるんとしたまつげを作ることができます。ビューラーが苦手な人は、カールアップ効果のあるマスカラや付けまつげがオススメです。この方が時短効果となる場合もありますので、自分がやりやすい方法を適宜組み合わせて時間を短縮するようにしましょう。

アイメイクの時短術では、とにかく多い工程をいかに省きそれでいてきちんとメイクしている感じを出すかがポイントになってきます。色をつける作業では薄い色と濃い色の2色を上手に使ってぼかすことで、いくつもの色を組み合わせて使っているように見せることができます。

まつげのボリュームアップでは、自分が得意とする方法のみに専念し他の工程を切り捨てることで効率的な時短術になります。

慣れるまでアイメイクの時短は難しいでしょうが、上手にグラデーションをつけてぼかすテクニックを身に付けておくとチークの時にも応用できますし、化粧直しの時にも活用できますので便利です。マスカラとビューラーは最低でもどちらかマスターしておきましょう。