オススメ時短術!紫外線の緊急ケア術

ついうっかり紫外線に当たってしまった時の対策方法は、鎮静と美白ケアです。日焼け直後の肌は、炎症を起こしていて軽い火傷と同じ状態です。ですので、まずは冷やして鎮静させるということが大切です。

また、ガーゼでくるんだ保冷剤や冷たいおしぼりで冷やすことで熱を取ることができます。次に大切なことは水分を補給するということです。日焼けした肌は水分を奪われています。ある程度、火照りが収まったら水分補給を徹底することが大切です。

化粧水をたっぷり手に取り顔に優しくなでるように馴染ませます。時間を有効に使うための時短術は、パックを使うということです。市販のコットンシートに化粧水を含ませて肌に乗せた上から保冷剤で冷やすことで、鎮静と水分補給を1度にすることができるのです。

また紫外線によって濃く浮き出てきたシミに対する時短術は、シミの大きさに切ったコットンに美容液を染み込ませて行うパックです。その上からラップをすればより浸透力をアップさせることができます。

時短術であるパックを使った方法のメリットは、あまり費用が掛からないということです。コットンシートと普段使っている化粧水を使用することで、費用を掛けることなく手軽にパックをすることができるのです。またその上から保冷剤で冷やすことができるので、時間も掛かりません。

顔の火照りが落ち着いてから美白化粧品を使うことで、シミが増えるのを防ぐことができます。汗でUVクリームが取れてしまった時や塗り直しができない場合など、色々な場面で時短術を実行すればリカバリーすることが可能となります。シミの大きさに合わせて切ったコットンに美白化粧品を染み込ませてパックすることで、シミになるかもしれない肌の奥をケアすることができ美しい肌を保つことができます。