ニキビ肌にも使えるオールインワンゲルって?

保湿力の高さにこだわったオールインワンゲルも多いのですが、保湿力にこだわるあまりベタつきが残る製品も多いですよね。ニキビができやすい脂性肌の場合は、ベタベタした使用感は絶対に避けたいもの!
かといって、保湿力が全くなくても、お肌の健康バランスを失ってしまうので、さっぱりとした付け心地のオールインワンゲルを選ぶようにしましょう。もちろん配合されている美容成分にもこだわりたいところ!

脂性肌・ニキビ肌にも使えるオールインワンのおすすめは…メディプラスゲル!

メディプラスゲル

保湿にこだわり、ベタつきが気になってしまうオールインワンゲルが多い中、肌環境を整えながら美しい素肌へ導くことにこだわった「メディプラスゲル」は脂性肌の方にぴったり。
全68種類の成分のうち、なんと62種類が美容成分という驚きのオールインワンコスメです!肌本来の力を発揮できるように、合成界面活性剤や、パラベンなどの防腐剤、着色料や香料などは不使用。
もちろん、医薬品ではないのでニキビが治ることはありません。
脂性肌にはNGのベタつき感もなく、肌にのせた直後からすっと浸透していき、内側から潤う保湿力を実感できるはずです。

この製品についてもっと詳しく!

メディプラスゲルを
使ってお肌をケアをしよう!

オススメ画像

ストレスや睡眠不足が続くと、ホルモンバランスの乱れから皮脂の分泌が過剰になり、お肌がテカってしまことも…。スキンケアも大切ですが、生活習慣を見直すのも大切ですね。
脂性肌の方は、保湿ケアをしなくてもいいと思っている方が多いようですが、肌の乾燥はさらなる皮脂の分泌を招きますので、保湿は超大切!スキンケアをする際には、以下のポイントを押さえてください。

脂性肌のスキンケアは洗顔から始まっています!洗顔料をよく泡だて、特に皮脂の分泌が盛んな部分から洗っていきましょう。こすらないよう、指の腹でやさしく洗います。

洗顔料を洗い流すときには、お湯ですすがないようにしましょう。お湯の温度が高いと水分が逃げやすくなり、脂性肌の改善を妨げます。

洗顔後には、メディプラスゲルを2プッシュし、顔全体に行きわたらせます。こすらず、手の平で包みこむようハンドプレス。

左側画像

さっと終わらせたいところですが、乾燥している部分には念入りにゲルを行きわたらせます。美容成分がたっぷり入っているので特に目元・口元に補うといいでしょう。

メディプラスゲルは化粧下地にもなるので、朝のケアもこれひとつでOK。ゲルを塗った後さらに化粧下地をつけると重たくなってしまいますよね。

メイクの際に、油分たっぷりのファンデを使っていませんか?皮脂とまじりあってギトギトになってしまうので、さらさらの粉ファンデを使用することがおすすめです。

右側画像

脂性肌の正しいスキンケアまとめ

モデル画像

保湿もでき、栄養分もしっかり補給でき、そしてベタつかないメディプラスゲルは脂性肌にぴったりです。普段のスキンケアの際、ベタつくからといって化粧水だけでケアを終わらせてしまう方も多いですが、保湿は必須。お肌の潤いが不足すると皮脂バランスが乱れて、さらに脂性肌が悪化する恐れもあるんです。でもベタつくクリームは嫌…という方に万能スキンケアのオールインワンゲルはぴったりですね。
スキンケアも大切ですが、生活習慣も見直してみるべきでしょう。過度なストレスをためこんでいないか、食生活はバランスがとれているかが重要。まずはここから改善していきましょう。