オールインワンゲル1つでも乾燥肌はケアできる?

冬場など乾燥がひどい時期に、オールインワンゲルたったひとつで乾燥肌のケアをすることはできるのでしょうか?確かに、いくつかのオールインワンゲルの口コミでは「物足りない」という声も多数あがっているのですが、製品によっては乾燥肌さんが大満足のものもあるようです。
ようは、1本でもきちんと保湿ケアができるだけの美容成分を配合している製品を選べば良いのですが、乾燥肌をケアするには、どのようなゲルを選んだらいいのでしょうか?

乾燥肌向けオールインワンゲルのおすすめは…海のブレア!

海のブレア

保湿力よりも、保水力に徹底的にこだわったオールインワンゲルが「海のブレア」です。お肌を潤わす保湿力も大切ですが、水分が大切だからといって化粧水をたっぷりつけても時間がたてば蒸発してしまいます。もっと大切なのは、補給した水分を維持できる成分を与えることなんです。
その点、保水力に着目した海のブレアは、6時間後でも水分をたくわえておける「無水ヒアルロン酸」を配合。水分を吸収し、約20~30倍にふくらむことでハリや弾力をサポートします。
また、クリームのベース自体をナノ化させることによって、肌表面にフタをしたような保湿力ではなく、内側から湧き出るような潤いを感じられるはず。
もちろん、界面活性剤などの肌に悪い成分は無添加。弱酸性でお肌へのやさしさにもこだわっています。

この製品についてもっと詳しく!

海のブレアを
使用したスキンケア方法

オススメ画像

保湿力が高く、乾燥肌におすすめの「海のブレア」ですが、さらに乾燥を防ぐための使用方法を実践してみましょう。オールインワンゲルといえば、これひとつですべてのスキンケアをクリアできるというのがメリットですが、海のブレアは乳液・美容液・美容クリームの3役を果たすゲル。化粧水の役割は欠けているので、まずはお肌が栄養を吸収できる環境を整えるために、ゲルをつける前に化粧水をつけてあげましょう。

まずはデイリーケア。市販の化粧水をたっぷりと顔全体に行きわたらせます。海のブレアは低刺激にこだわっているので、化粧水も低刺激のものを選ぶのがおすすめ。

海のブレアWモイスチャーゲルの真珠粒大をスパチュラにとり、顔全体になじませます。しっかりと浸透するようハンドプレスしましょう。通常の朝・晩のケアはこれでOK。

乾燥肌に潤いを与え、血行をよくするためにマッサージをしましょう。通常のケアをした後に、さらに真珠大1~2粒程度をとり、顔全体になじませます。

左側画像

顔全体に、中心から外側へ、下から上へリフトアップしながらゲルを伸ばしていきます。あまり力を入れすぎないのがポイント。

年齢が出やすい目の周り、口の周りは念入りにマッサージします。頬から引き上げるようになじませましょう。指先を使い、肌に負担をかけないようにします。

顔全体になじんだら、首元からデコルテ部分までしっかりと伸ばしていきましょう。鎖骨部分、あごの下、耳の下にかけて流すようにケアしていきます。

右側画像

乾燥肌のオールインワンゲルケアまとめ

モデル画像

大抵の場合、オールインワンゲルの中に化粧水の機能が含まれているものですが、保湿にこだわっているオールインワンゲルでは海のブレアのように、「美容液+乳液+クリーム」というように化粧水機能が省かれている場合もあります。そんな時はたっぷり使えるコスパのいい化粧水を用意しておくといいでしょう。ゲルをつけてもまだ物足りないかな、ということもあると思いますが、他の保湿剤を用意するよりも、使用しているオールインワンゲルを重ねづけするのがおすすめ。