化粧下地に向いてるオールインワンコスメを大実験!

オールインワンコスメの化粧下地力を実験で検証

オールインワンゲルを愛用している方からの口コミとして、「メイクをするときにもまだベタつきが残っている」「ファンデのノリが悪い」「メイク中にモロモロが出る」といった声が目立ちます。こってり系ゲルは潤いが長時間続き、ナチュラル志向の高いゲルからはモロモロが出てしまうなど、オールインワンゲルの特徴がメイク時にはデメリットになってしまう場合もあるようです。でも、忙しい朝などに、オールインワンゲルのために時間を割いていたら、オールインワンのメリットが薄くなってしまいますよね!
メイクを妨げず、化粧ノリも良くしてくれるようなオールインワンゲルがないか、実験を通して検証してみました!忙しい朝だからこそオールインワンゲルを使いたい、という方は是非オールインワンゲルのコスメ力をチェックしてくださいね。

実験ステップ1

人工皮革を用意

今回の実験で、人の皮膚の代わりに使用したのが、人工皮革です。人工皮革には皮膚と同じように細かな溝があるため、どれだけしっかりとファンデが馴染んでいるかがよくわかるのです。まずは、実験しやすい大きさにカットした人工皮革にゲルを塗っていきます。

実験ステップ2

人工皮革にファンデーションを塗る

塗ったゲルがある程度乾いたところで、次に人工皮革にファンデーションを塗布。いつものメイク時のように3回ほどはたき、手の指で軽くならします。その後、皮革を二つに折り、10回ほどこすり合わせます。

実験ステップ3

しっかりファンデが残ってるか点検!

人工皮革をこすった後、開いてみてどの程度ファンデが残っているか、そしてキレイに溝の中に吸着しているかチェック!これで、各ゲルを塗った後のファンデの馴染ぐあいが分かります。

化粧下地力で選ぶオールインワンコスメ TOP3

化粧下地力実験の結果は?

  • オールインワンゲルを塗った人工皮革に、どれだけファンデーションが残っているかを比較する実験です。ベタつきがどうしても残ってしまうオールインワンゲルはやはり化粧崩れもしやすいですし、中にはファンデをはじいてしまうゲルも。外部からの侵入物をしっかりとブロックするという意味では強いのかもしれませんが、朝のメイク時にファンデーションをはじかれてしまってはたまったもんじゃありませんよね。
    しっかりとファンデを吸着させ、そしてこすってもムラにならないような、化粧下地に向いているオールインワンゲルはどれでしょうか!?

  • こすっても、キレイに人工皮革の溝までファンデーションが馴染んでます。

  • キレイには残っていますが、残ったファンデの粒子の粗さが気になります。

  • しっかり吸着している部分と、落ちきってしまった部分がまだらに…。

  • なかなか優秀!潤っているうちに塗っても、しっかりとファンデが残りました。

  • ファンデは残りますが、少し潤いが残っていたことでデローンとへばりついてます…。

  • 塗布した瞬間は手ごたえがありそうでしたが、ファンデがほとんど落ちてしまった…。

  • ファンデの吸着力は高めでしたが、まだらになってしまったのが残念。

  • こすった瞬間、ぐちゃぐちゃに…。

  • それほど潤いも残っていなかったのですが、ファンデは全て消えてしまいました。

  • こすった後に、一部とれてしまった部分が。他はキレイに残っているよう。

  • うっすら均等に吸着してはいますが、こちらもあまり残っていません。

  • 平均的な結果。そこそこ美しくファンデが吸着しているようです。

  • これはなかなか良い結果!まんべんなくキレイにファンデが残っています。

  • 皮革の溝に均等に塗られている様子。こちらも優秀ですね!

  • こすった瞬間、ファンデがぺろーんとハゲてしまいました。

  • そこそこまんべんなく吸着するのですが、粒子が粗いのが気になります。

  • 平均的な結果でしょうか。なかなかキレイに残ったと思います。

化粧下地力実験を通しての感想

実験の感想

ベタつきが残ってからすぐにこするとハゲてしまうのは当たり前ですから、ほどほどに乾かした後にファンデを塗ってみました。ただ、それほど潤ってもいないのにすぐにファンデがハゲてしまったものもあったのには驚き!
でも、「これは今こすったらすぐハゲるかな」と思っていたものでも、メディプラスゲルやバランシングゲルなど、しっかりとファンデが馴染んでいたものもあり、使うならこれがいい!と本気で思いましたね。朝の忙しい時間に使うコスメとして、潤いも続きつつファンデのノリも良いというのは本当に心地いいですもんね♪

→ 総合結果優秀コスメを見てみる